主人の実家で困っていること

今、第二子を妊娠中なのですが、切迫早産で安静中で、家事もしてはいけないということで、主人の実家でお世話になっています。

上の子がいるので相手をしてもらったり、家事全般をしてもらっていてとても助かっています。
お陰で、横になって安静にしていることが出来ます。

なんですが、困ったことがたくさんあります。
お義母さんは日中仕事に出かけていて、お義父さんさんは退職されて家にいるのですが、お義父さんの行動や発言が気になります。
実の父ではないのであまり言うこともできず、モヤモヤしています。

一つ目は、食事の際に、子ども用に準備してくれたご飯が多すぎて食べられないと思い、初めに取り分けておいたハンバーグ、パパに食べてもらおうかと言って残しておこうとしたら、パパはパパの分があるからと、目の前で捨てられてしまいました。
誰も手をつけていないのに、もったいなくてなんだか悲しくなりました。
他にも、ご飯やおかずもよく捨てられます。

なんでも言ってねと言ってくれているので、やんわりと言うのですが、ダメです。
残しておいてくれれば次の日にでも食べるのに。
とても困っています。

他には、お義父さんの服が何日も連続で同じと言うことです。
先日は5日も同じ服を着ていました。
3日目くらいから気になり始め、結局5日も同じ服…
汚いと思ってしまいました。
それも言えずモヤモヤです。

それから、お酒を昼から飲むことです。
毎日なんですが、10時半頃からと16時頃から一人で食事が始まります。
すっごく違和感があります。
お酒が大好きで、昼、夕方、そしてお風呂上がりに飲んでいます。
体にも良くないし、ほどほどにしてもらえないかなと思います。
それに、日中お義母さんも主人も仕事で不在の中、切迫早産の私に何かあったとき、飲んでいたら連れて行ってもらえないので、それも心配です。
タクシーで行くには遠すぎる距離です。

主人にも相談しているのですが、お世話になっているからそこまで言えないと言ってなかなか言ってもらえません。
これが今困っていることです。

妊娠をしてから便秘が酷くて便秘を解消するために最近オリゴ糖を飲むようにしました。

こちらです⇒http://xn--wtqq2v4sav70dj8ncww.com/

それからは、便秘も少々改善されお腹が張ったりはしていたのが無くなったので大分楽になりました。

後はホルモンバランスのためなのか、肌荒れが酷くて困っています。

寝る前にも時間を作るようにしてお手入れをして何とか保てれているかんじですね(´・ω・`)

肌に本来備わっている防護機能によって潤いを守ろうと肌は努力しますが、その優秀な作用は年齢とともに低下してくるので、スキンケアでの保湿からそれを補うことが必要です。
皮脂が過剰に分泌される傾向にある脂性肌の人、痒みを伴うこともある乾燥肌の人、そして両方を併せ持っている混合肌の人もたくさんいます。それぞれの肌タイプに対して合うように作られた保湿化粧品が存在するので、あなたのタイプにしっかり合っている製品を選択することが非常に重要です。
お肌の組織の約70%がコラーゲンから成り立ち、細胞間にできた隙間を埋めるような状態で繊維状または膜状に存在しているのです。肌のハリを保ち、シワのない滑らかな肌をしっかり維持する真皮層を組成する主要な成分です。
多くの会社の新商品がパッケージとして組まれたトライアルセットもいち早く出回り人気です。メーカーサイドが強く肩入れしている新しく出した化粧品を一通りまとめてパッケージにしているアイテムです。
プラセンタは多くの成長因子を含んでいるため休む間もなくフレッシュな細胞を作り出し古いものと入れ替えるように働きかける力を持ち、体の内部から組織の端々まで一つ一つの細胞から疲れた肌や身体の若さを取り戻します。

可能なら、美肌効果を望むならヒアルロン酸を1日に200mg程度体内に取り入れることが一番なのですが、ヒアルロン酸を含む食品や食材は非常にわずかで、普通の食生活を通して身体に取り入れることは大変なのです。
近頃の化粧品関係のトライアルセットとはおまけの形で配布されるサンプル等とは違って、スキンケア用の基礎化粧品の効き目が実感できる程度のほんの少しの量を廉価にて売り場に出しているアイテムなのです。
化粧品にもいろいろ品目が存在しますが、その内高機能性の美容液などには、割高に思えるものが多いので試供品を求めたいところです。期待した成果がしっかりと得られるかどうか自分で判断するためにもトライアルセットの積極的な試用が適しています。
化粧水に期待される大きな役割は、水分を肌にただ与えることとはやや違って、肌の本来の自然な力が完璧に機能できるように、皮膚の表面の環境を健全に保つことです。
年齢を重ねるにつれて老けた印象を与えるシワやたるみが肌にできる理由は、欠かしてはいけない大切な構成成分のヒアルロン酸そのものの含量が減少し水分のある瑞々しい皮膚を保つことが非常に難しくなってしまうからなのです。

美容関連を狙いとしたヒアルロン酸は究極の保湿効果を製品コンセプトとした化粧水や美容液のような化粧品類やサプリに有効に活用されたり、危険性が少ない成分なのでヒアルロン酸注射という美容治療としても広く用いられているのです。
美白のための肌のお手入れをしている場合、知らず知らずのうちに保湿に関することを忘れていたりするものですが、保湿もしっかり心掛けていないと望んでいる効果は出ないなどということも推察されます。
保湿のポイントになるのは角質層の水分量に他なりません。保湿効果のある成分がいっぱい使われている化粧水で角質層を水分で満たし、補充した水分量が飛ばないように、乳液やクリームを使って肌にふたをするといいでしょう。
元来ヒアルロン酸とは生体内に広く存在する成分で、驚くほど水を抱え込む秀でた特性を持つ天然美容成分で、とんでもなく多くの水を貯蔵することが可能です。
巷では「肌のためには化粧水をケチらない方がいい」「豪快にたっぷりと使うべきである」と言われているようですね。間違いなく使用する化粧水は少量より多めに使う方が肌のためにも好ましいです。